3月9日(金)10時半 弁論終結 → 事情により、4月25日に延期される。判決は、7月以降になると思われる。 事情とは、原告側弁護士の急死によるもの。

地方裁判所第二民事部 事案名「平成27年(ワ)第537号」 事件の概要

平成27年12月11日 損害賠償請求事件 訴訟物の価額 3, 300, 000円 

          原告 大門建設、みな川建設    被告 弥彦村、小林組

第1 請求の趣旨 1 被告両名は、連帯して原告大門建設株式会社に対し、金2, 200, 000 円及びこれに対する平成27年10月6日から支払済みまで5分の割合による金員を支払え 2 被告両名は、連帯して原告有限会社みな川建設に対し、金1, 100, 00 0円及びこれに対する平成27年10月6日から支払済みに至るまで年5分の割合による金員を支払え 3 訴訟費用はいずれも被告両名の負担とする。

平成28年2月25日 新潟日報 談合があったとして弥彦村が村内の建設業者を処分したのは名誉毀損に当たるとして、処分されて2社が村を談合を認めた会社社長に約330万円の損害賠償を求めて訴訟の第1回口頭弁論が24日、新潟地方裁判所であった。