新という字を知らぬものはない。しかし新という字の真の意味を解するものは案外少ない。元来この字は「辛」と「木」と「斤」との組合わせである。辛は努力を意味し、斤は木を斬る「まさかり」、「大をの」であり、これで木をきること、それから「斤斤」といえば明らかに見分ける、又はいつくむ(慈愛)の意がある。すなわち木を愛して育て、それを努力して加工し、新……あらたなるものにして活用するということを表すものである。こんな深い正しい意味を知らないで「あたらしがりや」など、目先の変わった、物珍しということに軽々しく解するのは、とんでもないことである。本当に新しくするのには大した用意と努力を要する訳で、新人などざらにあるものではない。年の始に勉強せねばならないことは、先ずもって自己をどう維新するかということである。 「安岡正篤一日一言」より