「学ばざれば道を知らず」 政治は民を養うことと同時に、民を教えることでなければならぬ。殊に人の人たる所以を考えるとき、教学の尊いことは言うまでもない。「学記」の名言に、「玉、琢(みがか)ざれば器を成さず。人、学ばざれば道を知らず。是の故に古(いにしえ)の王者、国を建て、民に君たる、教学を先と為す」と説いている。 安岡正篤一日一善より