60人を超える人が集まり、バイオマス発電の可能性、文化・スポーツの振興、高齢化対策、競輪事業の継続、グランドホテル跡地の活用、工業の振興など活発な意見交換が行われました。
バイオマス発電については、山の所有者は税金を取られるだけでお荷物と化していると言う発言もあり、とよひこの政策の方向性は間違っていないことを確認できました。国定公園の木は県知事がOKすれば伐採可能であることも理解を得られました。

P1010116
P1010112